2012年06月13日

パッと判断……。

これは簡単!
image-20120613154140.png
オキザリス プベスケンス
プベッセンスだたけか?
誰が見ても休眠棚行きだよね。

ただ…心配症な、ぁ的にゎちと遅かったか?
て感じ。

ていうのは、この鉢にはかなり球数を仕込んでいた気が…


次は来ました!来たよ来たよーの。
フレンチバーグ
image-20120613154651.png
やっべ!こいつは…水切り遅れな気が…

ほとんど枯れ果て…

しかも季節外れな発芽がひとつ…
image-20120613154901.png
休眠棚行きか、発芽球を守るか…悩む…
ワケがねぇ!悩まねー!発芽球を捨てる気持ちで休眠棚へGO~

最後に、既にに休眠棚で乾燥したジフバーグの鉢があったんで、ほぢくり開始。
image-20120613155350.png

プリッとした2球が出て来ました☆
image-20120613155518.png
なんだか薄皮が気になるんで、ペロッといっちゃいます。

image-20120613183733.png
プリッと綺麗になりました。

image-20120613183844.png
ん?なんだか、まだ剥けば中でいくつかに割れてそぅ?

よし!剥くか!

いや!むかねぇ!怖くて、んなこた出来ません!

このまま埋めて発芽までの準備完了とします。


posted by ぁ at 18:43| Comment(0) | oxalis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パッとカンで判断

前回つづきです。

さぁ!俺のテキパキ具合をごらんアレー!

まずはリビダから。
image-20120613081733.png

image-20120613081759.png
まだ枯れてない葉が沢山あり茎もしっかりしているように見えますが全体的に黄が混じりだしています。
そして株自体に元気さを感じない。

ハイ!休眠棚へ移動!

次はOxalis fabaefolia
image-20120613082127.png
パッと見はまだまだイケるかな?
と思っちゃいそうだけど。。
image-20120613082411.png
左から順に眠気を出している。
右の葉なんかはサラダでイケそうなぐらい元気ですが、やはり株全体に元気を感じない。

ハイ!休眠棚へGO~

次はヒルタ ゴーセンバーグ
image-20120613082926.png
まだまだ元気が伝わる。
image-20120613083023.png
でも時期的に、やはり眠気が出て来てる。
image-20120613083137.png
なんとなく黄色味がつきつつ先の方から枯れ始めています。

このまま乾燥させて寝かせてもいいんだけど、株元が元気すぎるので、もう少し頑張ってもらいます。

テキパキテキパキー

次回につづく。

posted by ぁ at 08:36| Comment(0) | oxalis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

休眠期の見極め

今日はオキザリスの休眠期について、だらだら書いてみようと思います。

オキザリスは種類が多いので芋系や夏型やらは省き、1番種類の多い冬型に絞ります。

参考書には葉が黄変してきたら水を切り鉢ごと乾燥するとありますが、実際にはどの程度まで黄変してからが正解なんでしょうか。

葉先が少しでも黄色っぽくなったら直ぐに水切りなのか、全体的に黄色っぽくなってからなのか。

そこで軽くググってみましたら3分の2が黄変したら水を切ると書いてあるサイトもありました。

オキザリスだけに絞らず球根全体を差した育て方に対しては、地上部が枯れたら掘り上げる。鉢植えの場合は鉢ごと乾燥。と説明してある場合が多々見受けられますので、人によっては地上部がすっかり枯れ果ててから休眠管理に移る方もいるかも知れません。

スケジュールに対してうるさい方なんかは、黄変してようがしてまいが参考書によく載っている生育カレンダー通りに四月なら四月、五月なら五月にキッチリ休眠させる方もいるかも知れません。

人によって千差万別あるかと思いますが、家の場合はカン。

カンと自分の都合で毎年変わります。

ただ…何年間も育てた中で失敗からくる経験もそこそこ積み重ねて来ただけに自分の中のルールもいくつか出来ております。

休眠に関してのルール。

第一のルールは早め早めの水切り乾燥を心がける。

ていうのは、カンよりも自分の都合による部分がウェイトを占めているから…
都合が合わないとズルズルと地上部が枯れ果てるまで放置してしまうんです。

葉が黄変し始めるって事は球根が休眠の準備を始めるよって言う合図。

それをズルズルと地上部が枯れ果てるまで雨ざらしで、ほっとくと球根がケチャる。

乾燥して掘り上げたときにはスッカスカ…

掘り上げた球根を指でつまむと
【スカッ】
【】
【やっべ!】
【やっちまった!】
【ぁ〜〜】

自分の姿が目に浮かびます。

これ、このケチャったやつを、わざわざ乾燥処理したスッカスカ感。

たまらなく切ないワケなんですが…

更に恐ろしい事もあります。

それはケチャったやつが乾燥してない内に掘り上げ確認したケース。

指でつまむと
【ケチャ…】
【!】
【ァヒーーー!】

あの残念な感触…
そしてケチャった物質が指につき…
そのままフリーズ…

第二のルール、ヤバイ気がしても…
リクエストがない限り…
必ずしっかりと乾燥保存した後に掘り上げるべし…

あ!なんか話しがズレてきた!

えと…だから…

家の場合は休眠の合図を察知したらなるべく早めに水を切ります。

ただし!あんまり早すぎるとカツオブシ。

球根に言わせると、ほら!
【なんだか私、少し眠たくなってきちゃった】

つったからって、直ぐに水切り乾燥管理にしちゃったらカツオブシ!

球根に言わせると
【ちょっと眠たくなっただけなのに…】

球根に言わせると
【ぁん、まだ心と体の準備が…】

皆さんはありますか?
カツオブシにしちゃった経験。

カリッと固まってるんです。
硬い皮かな?って思いながらカリカリカリカリ削り取ってくと…

あれれ!最後まで削れちゃった!…みたいな。

休眠期前に限らず生育期に水やらな過ぎた場合もカツオブシになったりした事があるので…

やたらと早めに水を切らないが第三のルールになります。

まぁオキザリスはエネアフィラとか難物もありますが大概は丈夫な種類なので神経質にならなくてもいいような気もしますが…

なんだかんだ3分の2が黄変したら鉢ごと乾燥って言うのは、いいとこついてる!て気がします。

この辺を踏まえて次回は写真を載せながら実地判断してみます。

※注 (このブログに登場するケチャやカツオブシは病気でなる場合もあるかも知れません。ブログ主は、水切り時期のズレによりケチャやカツオブシになると思い込んでる節がありますので参考にしないでください。)

image-20120612162107.png















posted by ぁ at 16:22| Comment(0) | oxalis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。